東京外国語大学図書館 横断検索システム
>> Back 入力支援へ戻る
HELP INDEX VernaC入力支援システム・・・  VernaC Automatic Transcription
VernaCとは?: 
What is VernaC?
VernaC入力支援システムについて紹介します。
Introduction to VernaC Automatic Transcription
システムの使い方:
Use Gude 
VernaC入力支援システムの使い方を説明します。
Guide for using VernaC Automatic Transcription
対象言語について:
About the Available Languages 
言語ごとの特徴や注意点などを説明します。
Features of each languages and notice

その他:
Others 

多言語の表示と推奨環境・変換結果の利用について・横断検索システムの紹介など
Display of multiple languages and recommended environment / Using the result of language conversion / Introduction to VernaC cross search system
FAQ INDEX VernaC入力支援システムに関する役立つ情報は、よくある質問をお読みください。
お問い合わせについて
Contact Us
HELP
VernaC入力支援システムについて紹介します
Introduction to VernaC Automatic Transcription
VernaCとは?
VernaC(正式名称:“TUFS Library VernaC for Researchers and Librarians”)は、東京外国語大学附属図書館が提供する多言語データベースシステムです。原綴りと翻字を双方向に自動変換することで、多言語資料の目録作業の効率化を目指す入力支援システムと、検索先データベースの文字を意識しない検索を可能にする横断検索システムを提供しています。

What is VernaC?
VernaC (TUFS Library VernaC for Researchers and Librarians) is the multilingual database system provided by Tokyo University of Foreign Studies Library. It facilitates cataloging in multiple lauguages with automatic bidirectional transcription system (Automatic Transcription), and provides the cross search system which can ignore the language transcription of the searched data.


VernaC入力支援システムとは?
VernaC入力支援システムでは、原綴りから翻字、翻字から原綴りの文字列変換をワンクリックで実現します。(翻字ルールによっては、複数の変換候補が表示される場合もあります。)また、入力画面のウェブキーボードは、各言語で使用する文字だけを配列していますので、入力作業の省力化にも役立ちます。

What is VernaC Automatic Transcription?
VernaC Automatic Transcription converts original scripts to transcriptions, transcriptions to original scripts with one click. (There are some cases that several alternatives for transcription will be suggested). In addition, the keyboard on the input screen of VernaC website arranges only usable letters in order to facilitate inputting.

VernaC入力支援システムの使い方を説明します。
Guide for using VernaC Automatic Transcription
A. システムへ接続
入力支援システムのトップページ(http://vernac.tufs.ac.jp/cat/)を開きます。

A. Connect to the system
Open VernaC Automatic Transcription front page (http://vernac.tufs.ac.jp/cat/).


B. 言語と変換方向の選択
変換したい言語とその方向(原綴り→翻字/翻字→原綴り)を選択し、入力画面を開きます。言語と変換方向の選択は、入力画面を表示した後、左上のプルダウン・メニューからも変更できます。選択した言語と変換方向にあわせて、入力用のキーボードが表示されます。

B. Selection of language and direction of character conversion
Choose a language and the direction of character conversion (original scripts → transcriptions / Transcriptions → original scripts), and open the inputting screen. You can still change the language and the direction of character conversion after displaying the inputting screen by selecting them from the pulldown menu on the upper left side of the screen. The keyboard of your arrangement appears on the screen.


C. 入力と変換
画面に表示されたキーボードをクリックして、変換したい文字列を入力します。直接入力や、コピー&ペーストによる入力も可能です。
変換したい文字列が入力できたら、[ Convert ] ボタンを押します。

C. Inputting and conversion
Click the keyboard on the screen for inputting. You can also input the words by typing the actual keyboard or by Copy & Paste.
Click [Convert] button after inputting.


D. 変換結果の利用
変換結果画面では、入力した文字列に対応する原綴りが左に、翻字が右に表示されます。入力した文字列によっては、複数の候補が表示されることもあります。
ラジオボタンをONにし、[ Copy ] ボタンを押すと、該当の文字列がクリップボードにコピーされますので、ご使用のアプリケーション等に貼り付けてご利用ください。
 ※Unicode(UTF-8)に対応していないアプリケーションに貼り付けると、文字化けしますのでご注意ください。

D. Using the result of conversion
On the result screen, the original scripts are displayed on the left, and their transcriptions on the right. There are some cases that several alternatives for transcription will be suggested. Set the radio button to ON and push [Copy] button to copy the words on the clipboard. Paste the words on the application which you are using.
 ※Please note that the letters will get garbled if you paste it on the application which is not supported by Unicode (8UTF-8).


E. 変換結果の修正
正確な文字列が得られなかった場合は、変換結果を修正することができます。
変換結果画面で、修正したい文字列のラジオボタンをONにし、[ Modify ] ボタンを押します。
入力画面に選択した文字列が表示されます。画面右のキーボードを利用して、文字列を編集します。(使用するキーボードは、プルダウン・メニューで切り替えることができます。)また、直接入力も可能です。

E. Correction of the result of conversion
You can correct the result of conversion when you cannot get accurate letters. Choose the letters which you want to correct and set the radio button to ON. Click [Modify] button to display the letters you have chosen.
Edit the letters with the keyboard on the right side of the screen. (You can choose the setting of the keyboard from the pulldown menu.) You can also input the letters by typing.

対象言語について
About the available languages

対象言語
現在、利用できる言語は、以下のとおりです。それぞれの言語に関する注意事項をご確認ください。
 ・ロシア語
 ・ヒンディー語
 ・アラビア語

Available languages
Following languages are available presently. Please check the notices for each languages.
 ・Russian
 ・Hindi
 ・Arabic


翻字方式
翻字方式はALA-LC Romanization tablesに準拠しています。
一般に使用されている翻字方式とは異なる場合がありますのでご注意ください。
 ALA-LC Romanization tablesは以下のURLで公開されています。
 URL:http://www.loc.gov/catdir/cpso/roman.html

Transcription method
We follow ALA-LC Romanization tables for the language transcription.
Please note that it could be different from other transcription methods which are used generally.
You can see the ALA-LC Romanization tables at the website bellow.
URL:http://www.loc.gov/catdir/cpso/roman.html


大文字使用法
原綴りから翻字へ変換する場合、英米目録規則第2版(AACR2)で規定されている大文字使用法には対応していません。翻字した際にAACR2の規定により大文字にすべき箇所は、ご自分で大文字にしていただく必要があります。

Using capital letters
You cannot use capital letters when you convert original scripts to their transcriptions, for the system is not corresponded to Anglo-American Cataloguing Rules 2 (AACR2). Please change the letter case by yourself after converting the letters.


ロシア語
1.原綴りから翻字への変換
 (1)ALA-LC Romanization tablesでは、語末のъ(硬音記号)は翻字しない規則になっていますので、原綴りで入力しても翻字はされません。
   例:архивъ → arkhiv
 (2)現在ではеとё、ЕとЁは区別せず用いられることが多くなっていますが、このシステムでは区別して翻字されます。
   例:е → e(ローマンアルファベットのe)
     ё → ë(ローマンアルファベットのe+ウムラウト)

Russian
1. Conversion from original scripts to transcriptions
(1) ъ (hard sign) at the end of the word will not be transcripted, according to the regulation of ALA-LC Romanization tables.
e.g. архивъ → arkhiv

(2) е and ё, Е and Ё are distinguished in this system, though those letters are used without differentiation generally.
e.g. е → e (Roman Alphabet e) / ё → ë (Roman Alphabet e + umlaut)


ヒンディー語
1.翻字から原綴りへの変換
 (1)mとp、nとtなど、鼻音と同じ調音点の子音が連続する場合、鼻音はアヌスワーラに変換されます。半子音と同じ調音点の子音の連続にしたい場合は、変換結果を変更する必要があります。
   例:sampādaka → संपादक と翻字されます。
     सम्पादक にしたい場合は、変換結果を変更してください。
 (2)ai,auは長母音として翻字されます。a+i,a+uの短母音の連続にしたい場合は、変換結果を変更する必要があります。
   例:hausa → हौस と翻字されます。
     हउस にしたい場合は、変換結果を変更してください。

Hindi
1. Conversion from transcriptions to original scripts
(1) When consonants which have the same point of articulation to nasal (m and p, n and t, etc.) continue, nasal is converted to anusvara. If you want to show a nasal and a consonant which have the same place of articulation as a conjunct character, you need to modify the result of conversion.
e.g. sampādaka → संपादक
Modify the result if you want to convert the word to सम्पादक

(2) ai and au are recognized as long vowels. If you want to continue the short vowels like a+i or a+u, you need to modify the result.
e.g. hausa → हौस
Modify the result if you want to convert the word to हउस


アラビア語
1.原綴りから翻字への変換
 (1)母音記号、スクーン等の記号(シャクル)は付与して入力してください。
 (2)後ろに長母音が続く場合でも、子音には母音記号が必要です。
 (3)ハムザ付アリフ、ハムザ付ワーウ、ハムザ付ヤーにも同様に母音記号を付与してください。

2.翻字から原綴りへの変換
 (1)短母音は原則として原綴りには反映しません。長母音と子音のみ原綴りへ変換します。例外については(4)をご参照ください。
   例:mumkin → ممكن
 (2)同じ子音が2回連続している場合、2回目は変換せずにトルツメし、1回目だけ変換します。
   例:naṣṣ → نص
 (3)シャクルは付与されません。
 (4)母音は以下の通り変換します。実際の単語と異なる変換結果になる場合があります。必要に応じて変換結果を変更してください。
   語中・語末の短母音(a,u,i) → トルツメ
   語中・語末の長母音(ā,ū,ī) → それぞれアリフ(ا),ワーウ(و),ヤー(ي)に変換
   語頭の短母音(a,u,i) → アリフ(ا)に変換
   語頭の長母音(ā,ū,ī) → それぞれマッダ付きアリフ(آ),アリフ+ワーウ(او),アリフ+ヤー(اي)に変換
   á → アリフ・マクスーラ(ى)に変換
   短母音+記号のアリフ(aʾ,uʾ,iʾ) → それぞれハムザ付きアリフ(أ),ハムザ付きワーウ(ؤ),ハムザ付きヤー(ئ)に変換
   āʾが語末にある場合 → アリフ+ハムザ(اء)に変換
   aʾのうしろに長母音がある場合(aʾā,aʾū,aʾī) → それぞれマッダ付きアリフ(آ),ハムザ付きワーウ(ؤ),ハムザ付きヤー(ئ)に変換
 (5)記号のアリフ(ʾ)は以下の通り変換します。実際の単語と異なる変換結果になる場合があります。必要に応じて変換結果を変更してください。
   記号のアリフ+短母音(ʾa,ʾu,ʾi) → それぞれハムザ付きアリフ(أ),ハムザ付きワーウ(ؤ),ハムザ付きヤー(ئ)に変換
   記号のアリフ+長母音(ʾā,ʾū,ʾī) → それぞれマッダ付きアリフ(آ),ハムザ付きワーウ(ؤ),ハムザ付きヤー(ئ)に変換
 (6)ハイフンは以下の通り変換します。
   ハイフン+短母音(-a,-u,-i) → アリフ(ا)に変換
   ハイフン+長母音(-ā,-ū,-ī) → それぞれマッダ付きアリフ(آ),アリフ+ワーウ(او),アリフ+ヤー(اي)に変換
   ハイフン(上記以外の場合) → トルツメ
 (7)語末のhは、子音のハー(ه)の可能性とター・マルブータ(ة)の可能性があり、どちらに変換すべきかは文脈によります。したがって、単語ごとにハー(ه)もしくはター・マルブータ(ة)の二種類に変換しますので、表示された選択肢から適切な原綴りを選択してください。
   例:qubbah → قبه および قبة
   例:al-Riḥlah al-Muḥsinīyah → الرحلة المحسنية
                  الرحله المحسنية
                  الرحلة المحسنيه
                  الرحله المحسنيه
 (8)語末のtは、子音のター(ت)の可能性とター・マルブータ(ة)の可能性があり、どちらに変換すべきかは文脈によります。したがって、単語ごとにター(ت)もしくはター・マルブータ(ة)の二種類に変換しますので、表示された選択肢から適切な原綴りを選択してください。
   例:thābit → ثابت および ثابة

Arabic

1. Conversion from original scripts to transcriptions
(1) Put a vowel symbol, sukuun, and other signs (shakul).
(2) A consonant requires a vowel symbol even if it is followed by a long vowel.
(3) Put a vowel symbol also to alif with hamzah, waaw with hamzah, and yaa with hamzah.

2. Conversion from transcriptions to original scripts
(1) Short vowels are not reflected in the original scripts basically. Only long vowels and consonants are converted to their original scripts. See (4) for the exceptional cases.
e.g. mumkin → ممكن

(2) When the same consonant continues, the second one is omitted and just the first one is converted.
e.g. naṣṣ → نص

(3) Shakul is not attached.

(4) Vowels are converted as follows. There are some cases that different words are displayed as a result. Please modify the result as appropriate.
Short vowel (a, u, i) in the middle / at the end of a word → omit
Long vowel (ā, ū, ī) in the middle / at the end of a word
→ converted to alif (ا), waaw (و), yaa (ي)
Short vowel (a, u, i,) at the beginning of a word → converted to alif (ا)
Long vowel (ā, ū, ī) at the beginning of a word
→ converted to alif (ا) with maddah, alif + waaw (او), alif + yaa (اي)
á → converted to alif maskura (ى)
Short vowel + alif with a sign alif(aʾ,uʾ,iʾ) 
→ converted to alif with hamzah (أ), waaw with hamzah (ؤ), yaa with hamzah (ئ)
āʾ at the end of a word → converted to alif + hamzah (اء)
aʾ followed by a long vowel (aʾā,aʾū,aʾī) → converted to alif with maddah (آ), waaw with hamzah (ؤ), yaa with hamzah (ئ)

(5) Sign alif(ʾ)is converted as follows. There are some cases that different words are displayed as a result. Please modify the result as appropriate.
Sign alif(ʾ)+ short vowel (ʾa,ʾu,ʾi)
→ converted to alif with hamzah (أ), waaw with hamzah (ؤ), yaa with hamzah (ئ)
Sign alif(ʾ)+ long vowel (ʾā,ʾū,ʾī)
→ converted to alif with maddah (آ), waaw with hamzah (ؤ), yaa with hamzah (ئ)

(6) Hyphen is converted as follows.
Hyphen + short vowel (-a, -u, -i,) → converted to alif (ا)
Hyphen + long vowel (-ā, -ū, -ī)
→ converted to alif with maddah (آ), waaw with alif (او), yaa with alif (اي)
Other hyphens → omit

(7) h at the end of a word could be either haa (ه) or taa marbuutah (ة). Both possibilities are shown as results. Please choose appropriate one from the alternatives.
e.g.
qubbah → قبه and قبة
al-Riḥlah al-Muḥsinīyah → الرحلة المحسنية
                  الرحله المحسنية
                  الرحلة المحسنيه
                  الرحله المحسنيه

(8) t at the end of a word could be either taa (ت) or taa marbuutah (ة). Both possibilities are shown as results. Please choose appropriate one from the alternatives.
e.g. thābit → ثابت and ثابة
.

その他
Others

多言語の表示と推奨環境について
当システムは,多言語表示のための文字コードUTF-8を利用しています。正しい動作・表示のため、以下の推奨環境をご確認ください。
 ・ブラウザ -- Internet Exproler 6 以上を推奨しています。
   エンコードを[自動選択]あるいは[UTF-8]に設定してください。
 ・フォント -- 「Arial Unicode MS」等のUnicodeフォントをご利用ください。
   ご使用の端末にUnicodeフォントがインストールされていない場合は、
   以下のサイト等よりUnicodeフォントを入手することができます。
   ”Alan Wood’s Unicode Resources / Unicode fonts for Windows computers”

Display of multiple languages and recommended environment
This system uses language code UTF-8 for the display of multiple languages. Please confirm the following recommended environment.
・ Browser -- We recommend Internet Exproler 6 or more upgraded ones.
Set Encoding to [Auto] or [UTF-8]
・ Font -- Use [Ariel Unicode MS] or other Unicode font. If your terminal does not have Unicode font, get it at the following website.
"Alan Wood’s Unicode Resources / Unicode fonts for Windows computers"


変換結果の利用について
当システムは,変換精度の向上に努めておりますが、100%の変換を保証するものではありません。東京外国語大学附属図書館では,変換結果の利用によって生じた、いかなる不利益・損害についても,一切の責任を負いません。変換結果の利用に際しては、十分なご確認をお願いいたします。

Using the result of language conversion
We manage to improve the accuracy of language conversion, but the system does not assure the perfect conversion. Tokyo University of Foreign Studies Library assumes no responsibility whatsoever for any disadvantages or dameges resulting from the conversion result. Please confirm the result by yourself when you use it.


横断検索サービスのご紹介
東京外国語大学附属図書館では、VernaC入力支援システムを援用した多言語横断検索システム「VernaC横断検索システム」を提供しています。翻字/原綴りを意識することなく検索が可能なシステムです。こちら(http://vernac.tufs.ac.jp/)からご利用ください。

Introduction to VernaC cross search system
TUFS Library provides multilingual cross search system [VernaC Cross Search System]. It enables you to search without minding the language character (transcriptions / original scripts). Please access and use it here.
(http://vernac.tufs.ac.jp/).
FAQ よくある質問・・・  FAQ
お問い合わせ
Contact Us
入力支援システムについて、ご意見・ご質問等ございましたら、下記へお問い合わせください。
 東京外国語大学附属図書館 情報サービス係
  TEL:042-330-5196
  E-mail:www-lib@tufs.ac.jp

If you have comments or questions, please contact us.
Tokyo University of Foreign Studies Library Information Service Section
TEL: 042-330-5196
E-mail: www-lib@tufs.ac.jp
>> Back 入力支援へ戻る
©All contents copyright 2005 Tokyo University of Foreign Studies All right reserved.